うんちく

樹木や環境への負担軽減をめざして、
考えられたイルミネーションが多くなっています。

最近良く聞くLEDはメリットが多くあり、
その中でも、CO2(二酸化炭素)排出量が少なく、
水銀も未使用なため環境に優しいとのことで、
最近は主に用いられることが多くなっています。

『LED』とは、『Light Emitting Diode』の略で、
光を放射するダイオードのことです。

LEDは、発酵効率が高いとのことで、蛍光灯と同じ明るさを確保するのに、
電力が蛍光灯より少なくて済みます。

また、蛍光灯より長時間の使用ができるため、
交換回数も少なくてすみ、とても経済的です。
蛍光灯のより4倍の4万時間持ちます。

おまけに消費電力が、白熱電球の10分の1で
電気代が安く省エネ(低コスト) で、低発熱であるという利点もあります。
安定して明るさが保たれます。

高い所へ登ったりして取り付けなければならない所など、特に重宝します。
交換の手間も少なくて済みます。

また、紫外線を出さないので虫を寄せ付けないのもいいですね。
 

ひかり

光には話題になっている、
青色発光ダイオードや白色発光ダイオードがあります。

今まで赤や緑に光るLEDは早くから開発されていましたが、
今回青色のLEDができたことで、『光の三原色』が揃って、
色の配分を変えると、いろいろな色を作りだすことができるようになりました。
『光の三原』は、赤・緑・青の色です。
白色は3色を混ぜれば白になります。

今、青や白が人気があるるようです。
ダイオードとはと説明すると、少し難しくなってしまいますが、
電流を一定方向にしか流さない作用の電子素子のことです。

 
また照明と電飾の違いがわかりにくいですが、
例えば舞台のセットを照らすのが照明。
セットと一体となって、そこで光を発するのが電飾です。

そしてイルミネーションで用いられる電飾は
ガラスやプラスチックの細い繊維でできているもの、
光を通す光ファイバーやムギ球と呼ばれる豆球、
満点の星空を演出する星球、棒状のフルカラーLEDライトなどで、
階段の段差にも取り付けられていたりしているのも
流行りとなっています。

いろいろなデザインや新しい試みが出てきていますので、
そんなことを思いながら観賞するのも面白いです。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 

このサイトを検索

東京丸の内

東京八重洲

有楽町

汐留

お台場

シンボルタワー

六本木

大崎・品川

渋谷

日比谷

西新宿

南新宿

東新宿

お茶の水

後楽園近辺

墨田

秋葉原・錦糸町・亀戸

川崎

横浜

番外編

カテゴリ

Copyright(c) 2015 東京のイルミネーションめぐり&デートスポット All Rights Reserved.