東京駅八重洲と日本橋の通り

・期  間 11月下旬~翌年2月14日(土)

東京駅八重洲口を改札を抜けると、
通りに面して、木々にイルミネーションが施されていました。

東京駅八重洲口

東京駅から八重洲を通りお江戸日本橋へ抜ける駅前でもあり、
賑わいを演出して、お江戸日本橋へつなげていくようになっています。

毎年、イルミネーションで飾られていますが、
今年は特に力が入っている気がします。

 

2014年は、さくら通りには「SAKURA GATE ILLUMINATION」として、
桜の木に、15万4千球のLEDのシャンパンゴールドの豆球がつけられ、
枝々の先が自由に伸び、イルミネーションもそれにつれて伸びています。
とても温かく、賑やかになっていました。

さくら通り

もう少し行くと、仲通りイルミネーションには「EDOKIRIKO LIGHTS」として、
江戸切子の模様のひとつである「菊切り子模様」を使ったイルミネーションが
街路灯にあり、街を飾っています。
日本橋へと江戸切子のイルミネーションで飾って、地域性を出しています。

江戸切子

『江戸切子』は、江戸時代にビードロ屋を営む加賀屋久兵衛が
手がけた切子細工が江戸切子の始まりと言われています。

江戸切子は庶民の日用品として親しまれていたそうです。
華やかな江戸の感じを伝えてくれる、伝統がありますね。

江戸切子

江戸切子は江戸時代から続くいろいろな文様があり、
「魚子文」「七宝文」「六角籠目文」「矢来文」「縦角籠目文」など
幅広い文様があります。

高層ビル横

そのメインのイルミネーションもステキなのですが、
真っ暗な中、企業の一角にあった、
樹木のただ白いだけのイルミネーションもあたりを温かくしていました。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 

このサイトを検索

東京丸の内

東京八重洲

有楽町

汐留

お台場

シンボルタワー

六本木

大崎・品川

渋谷

日比谷

西新宿

南新宿

東新宿

お茶の水

後楽園近辺

墨田

秋葉原・錦糸町・亀戸

川崎

横浜

番外編

カテゴリ

Copyright(c) 2015 東京のイルミネーションめぐり&デートスポット All Rights Reserved.